「ラジアントヒストリア」がリメイク?

 遡ること数年前、僕がかなり遅まきながらニンテンドーDSを購入した際に友人から何本かソフトを勧められたことがあった。その殆どは実際にプレイする機会を得なかったものの、ひとつだけ僕が遊んだゲームの中で記憶にしっかりと残ったソフトがあった。アトラスから発売されたRPGラジアントヒストリアがそれだ。
 一見してビジュアルで損をしていると分かるゲームだった。なんと言ってもまずグラフックが地味だ。美麗なアクションがあるわけでもないし、とびぬけて目を引くようなキャラクターが登場するわけでもない。
 でも僕はこのゲームに夢中になった。戦闘はパズルゲームのような感覚で、いかに敵を効率よく移動させ、的確なスキルで攻撃するかという点が特異といえば特異だった。しかしそれ以上にこの作品に没入したのはシナリオの良さ、そしてそのシナリオにプレイヤーが自由に介入し変えてゆけるゲームシステムにあった。「かまいたちの夜」を代表するノベルゲームをRPGの中に落とし込んであるようだった。地味ではあったし隠れてもいたが、名作と言っていいゲームだった。
 その名作が追加ストーリーとともにフルリメイクされると聞き、久しぶりに発売日までを楽しみに待てそうだ。人妻出会い系サイトの成功確率97%の秘策